飲み過ぎた育毛剤の日記

飲む育毛剤の魅力は?

飲み過ぎた育毛剤

飲む育毛剤とは男性型脱毛症(AGA)を治療するための薬の事を指しており、医学的に効果が認められたミノキシジルとフィナステリドのいずれかを含む医薬品のことを指しています。

 

男性の脱毛はもはや避けることが出来ないものかと諦めている方も多いのですが、実は以前より医学的に効果が認められている医薬品が発売されており、飲む育毛剤として世界中で治療に使われているのです。

 

まずミノキシジルは元々は血管拡張剤としてアメリカのファイザー社(現)により開発されたもので、高血圧の患者が利用することを想定した薬となります。

 

しかし開発の段階で血管の拡張だけでなく男性型の脱毛症を改善させる効果が認められ、アメリカでは80年代より医薬品として販売されているのです。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルとは?

しかし開発の段階で血管の拡張だけでなく男性型の脱毛症を改善させる効果が認められ、アメリカでは80年代より医薬品として販売されているのです。

 

この成分の特徴としては内服薬だけでなく外用薬の2種類があり、同じく治療効果があるフィナステリドと飲み併せても問題は無く、他の医薬品と併用することで高い効果が期待できるという特徴があります。

 

成分が配合された医薬品についてですが、アメリカではファイザー社の内服薬Rogaine(ロゲイン)が、また日本国内では大正製薬の外用薬リアップが販売されています。特にAGAでは抜け毛が多い時に頭皮の炎症が起きやすいということもあるので、しっかりシャンプーなどの外部ケアにも力を入れましょう。

page top