毛根部分の構造についての情報ページ

毛根部分の構造について

毛根部分の構造について

毛髄質は髪の芯に当たる部分で通常は柔らかな弾力のタンパク質で満たされているのですが、外部からの刺激により空気を含んだ空洞が生じるようになると髪の色合いに大きな変化をもたらすことになり、メラニン色素があるにも関わらず白っぽい色合いに見えることもあります。

 

続いて毛髪の根元部分の仕組みについてですが、髪の根元部分にある毛穴内部には毛が丸く太くなっている毛球があり、髪を生み出す毛乳細胞や毛乳頭などが存在します。

 

この毛乳頭には毛細血管が繋がっており、血液循環を通じて髪の生育に必要な栄養素や酸素などが運ばれています。

 

また毛穴内部には汗を分泌する皮脂腺などもありますので、シャンプーをする際に洗い方が不十分であると毛穴が詰まり抜け毛が生じやすい状況になります。

抜け毛が多い時に使用する製品が頭皮に合わない場合もある@毛根部分の構造についてについて

またシャンプーや育毛剤が肌にあわないというケースは、人それぞれで肌の感受性が異なりますので、敏感肌の場合は少量のアルコールなどの薬品や化学物...

≫≫ 抜け毛が多い時に使用する製品が頭皮に合わない場合もある | 毛根部分の構造について

生え際をケアするために正しい方法で行おう@毛根部分の構造についてについて

AGAだと判断される生え際の抜け毛を改善する場合は、普段の生活を見直すと共に正しいヘアケアの実践が必要になります。過剰に皮脂が分泌される大き...

≫≫ 生え際をケアするために正しい方法で行おう | 毛根部分の構造について

そもそも髪の毛の太さはどのくらい?@毛根部分の構造についてについて

近年では、髪の毛の細が細くなってしまうことで悩んでしまう人も多いようですね。髪の毛が仮に1割ほど細くなってしまっただけのことであったとしても...

≫≫ そもそも髪の毛の太さはどのくらい? | 毛根部分の構造について

髪の毛を太くするノンシリコンシャンプー@毛根部分の構造についてについて

頭皮の健康が損なわれてしまうと、髪の毛も細くなってしまいやすいので要注意です。しかし、反対のことを言えば、髪の毛が細くなってきたなと感じた時...

≫≫ 髪の毛を太くするノンシリコンシャンプー | 毛根部分の構造について

頭皮を清潔に保つことで帽子が抜け毛につながるリスクを減らせる@毛根部分の構造についてについて

もう1つの理由は、頭皮を清潔に保ちにくくなってしまうことがあります。季節によっては帽子の中が蒸れてしまい、雑菌の繁殖場所を作ってしまうのです...

≫≫ 頭皮を清潔に保つことで帽子が抜け毛につながるリスクを減らせる | 毛根部分の構造について

コンディショナーで毛穴が詰まると抜け毛は増える?@毛根部分の構造についてについて

毛穴が詰まることで、皮脂が頭皮に閉じ込められることになるので、頭皮に吹き出物などが出来る原因にもなるのです。またコンディショナーには、頭皮に...

≫≫ コンディショナーで毛穴が詰まると抜け毛は増える? | 毛根部分の構造について

強いマッサージは皮脂を過剰分泌につながる?@毛根部分の構造についてについて

皮脂を過剰に分泌させることで、頭皮に保護膜が形成し、頭皮を守ろうとするのですね。過剰に皮脂が分泌されると、毛穴がつまり、抜け毛につながってし...

≫≫ 強いマッサージは皮脂を過剰分泌につながる? | 毛根部分の構造について

頭皮や毛髪に良い成分が含まれている事が大切@毛根部分の構造についてについて

最近では頭皮や毛髪に良い成分が含まれている、育毛シャンプーと呼ばれるシャンプーが多く販売されています。男性向けのものあれば、女性向けのものも...

≫≫ 頭皮や毛髪に良い成分が含まれている事が大切 | 毛根部分の構造について

▲毛根部分の構造について 上へ戻る
毛根部分の構造について page top