毛根部分の構造についての情報ページ

毛根部分の構造について

毛根部分の構造について

毛髄質は髪の芯に当たる部分で通常は柔らかな弾力のタンパク質で満たされているのですが、外部からの刺激により空気を含んだ空洞が生じるようになると髪の色合いに大きな変化をもたらすことになり、メラニン色素があるにも関わらず白っぽい色合いに見えることもあります。

 

続いて毛髪の根元部分の仕組みについてですが、髪の根元部分にある毛穴内部には毛が丸く太くなっている毛球があり、髪を生み出す毛乳細胞や毛乳頭などが存在します。

 

この毛乳頭には毛細血管が繋がっており、血液循環を通じて髪の生育に必要な栄養素や酸素などが運ばれています。

 

また毛穴内部には汗を分泌する皮脂腺などもありますので、シャンプーをする際に洗い方が不十分であると毛穴が詰まり抜け毛が生じやすい状況になります。

毛根部分の構造について 関連ページ

飲む育毛剤の人気成分のフィナステリド

続いてフィナステリドに...

芯に当たる空気を含んだ空洞が洗い方が不十分
サイトマップ

サイトマップと...

芯に当たる空気を含んだ空洞が洗い方が不十分
投稿記事の一覧

投稿記事の一覧は...

芯に当たる空気を含んだ空洞が洗い方が不十分
リンク集

リンク集は...

芯に当たる空気を含んだ空洞が洗い方が不十分

Page Top