飲む育毛剤のデメリットは?の情報ページ

飲む育毛剤のデメリットは?

飲む育毛剤のデメリットは?

飲む育毛剤は抜け毛が生じる原因を根本的に治療することが出来るため、治療効果が高く愛用されている方も多いのですが、医薬品である以上は少なからぬデメリットがあります。まずもっとも大きなデメリットとして挙げられるのは薬の副作用で、フィナステリドを含む薬の場合は胃部不快感・性欲減退・肝機能障害があります。

 

またミノキシジルを含む薬の場合は頭痛・意識朦朧・性的不能・重い低血圧・不整脈・動悸・皮膚の紅潮などを始めとして副作用が多く、現在では因果関係が不明ですが重篤症状で循環器疾患により死亡した例も報告されていますので、使用する中で何かあればすぐ医師に相談することが求められます。

 

また薬局で薬剤師に相談して購入する際には既往症などのチェックが行われていますので、ご自身であてはまることが無いかよく確認することが勧められます。つづいて飲む育毛剤のデメリットについてですが、全ての脱毛で治療効果があるわけではなく人によっては効果が出ない場合もあります。

 

そもそもフィナステリドやミノキシジルは男性型脱毛症を対象とした治療薬であり、他の疾患を原因とする場合は効果が得られないのです。

 

また男性型脱毛症の方でもDNA配列の違いにより効果が出ない場合もあり、特にフィナステリドの場合は診察に際してDNA配列を解析するAGAチェックが行われることになり、効果が薄いと判断されれば使用する意味がなくなります。

 

またそれ以外にも飲む育毛剤には細かなデメリットが数多くあり、例えば国内で購入する場合は保険適用外となることから薬価は非常に高く、効果をより引き出そうとして二つの医薬品を併用する場合には月あたりの出費が非常に多くなるのです。

 

さらにいずれの薬も飲んだら治りそれで終わりというわけではなく、飲んでいる期間は症状が抑えられるだけとなりますので、一度飲み始めたら飲み続けなければ効果を維持できず非常に大きな出費となるのです。

 

もちろん抜け毛が進むよりはましだといえるのですが、お小遣い制の方にとってはかなり痛い出費といえます。

飲む育毛剤は抜け毛が生じる原因を根本的に治療することが出来るため、治療効果が高く愛用されている方も多いのですが、医薬品である以上は少なからぬ...

毛髄質は髪の芯に当たる部分で通常は柔らかな弾力のタンパク質で満たされているのですが、外部からの刺激により空気を含んだ空洞が生じるようになると...

近年では、髪の毛の細が細くなってしまうことで悩んでしまう人も多いようですね。髪の毛が仮に1割ほど細くなってしまっただけのことであったとしても...

▲飲む育毛剤のデメリットは? 上へ戻る

飲む育毛剤のデメリットは? page top