DHTによる影響でAGAになると生え際の抜け毛が増えるの情報ページ

DHTによる影響でAGAになると生え際の抜け毛が増える

DHTによる影響

男性に多く見られる生え際の後退は徐々に進行していきます。なんだか最近抜け毛が多いなと感じていると、気が付いた時には生え際がかなり薄くなっている場合が多いです。

 

生え際の抜け毛が増える原因として考えられるのはAGA(男性型脱毛症)の典型的な症状です。

 

AGAになった方の毛穴を確認してみると、毛穴が広がっていたり汚れがびっしりと詰まっています。

 

これはAGAを引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の影響で頭皮の代謝機能が乱されている証拠です。

 

AGAの大きな原因になるDHTは、男性ホルモンのテストステロンと生え際部分の皮脂腺に多く存在している還元酵素の5αリダクターゼが結び付き生成されます。

 

ご自身の父親や祖父、親戚で生え際の後退が見られる場合は、DHTが生成されやすい体質が遺伝している可能性もあると言われています。DHTが生成されてしまうと髪の毛の成長に関わる毛根組織を攻撃して髪の成長を阻害し、余分な皮脂を分泌させる作用をもたらします。

 

生え際部分が皮脂でベタついたり、毛穴の広がりや汚れの詰まりが確認できる場合はDHTの影響によるものだと判断できます。毛穴の代謝機能が正常に働かなければ髪の毛の成長に必要な栄養が届きにくくなったり、炎症を引き起こして抜け毛を増やす原因になります。

▲DHTによる影響でAGAになると生え際の抜け毛が増える 上へ戻る

DHTによる影響でAGAになると生え際の抜け毛が増える page top