コンディショナーの役割と使い方の情報ページ

コンディショナーの役割と使い方

コンディショナーの役割と使い方

シャンプーをした後は、皆さんコンディショナーを使用していますよね。

 

髪をサラサラにしてくれるコンディショナーは、髪と頭皮の健康には欠かすことができないもの、と考えている方も多いと思います。

 

しかし使い方次第では、このコンディショナーが抜け毛や薄毛の原因になってしまうようですので、注意が必要です。

 

コンディショナーには、静電気を防止したり、髪の毛をしっとりと柔らかくするための界面活性剤や、髪の毛と頭皮をしっとりとなめらかにするための油性の成分、さらに髪の毛の手触りなどを良くしたり、髪の毛を守るための毛髪保護成分などが配合されています。

 

シャンプー後の髪の毛がきしむのを防止してくれ、水分が蒸発するのを押さえる効果があります。

 

また毛髪を健康にしてくれる成分が配合されていて、毛髪に有効成分が浸透して、髪の内部から傷んだ髪の補修することができます。

 

さらに髪の表面をコーティングして、しっかりと保護してくれる効果もあります。

 

このように髪を健康にしてくれて、髪の手触わりを良くしてくれるコンディショナーですが、大量に頭皮に付けることで、抜け毛の原因ともなってしまいます。

 

また、コンディショナーを使用するときには、髪の根元につけるのは止めましょう。

 

髪の根元に付けることで、せっかくキレイに洗った毛穴を詰まらせてしまうことになるからです。

飲む育毛剤は抜け毛が生じる原因を根本的に治療することが出来るため、治療効果が高く愛用されている方も多いのですが、医薬品である以上は少なからぬ...

毛髄質は髪の芯に当たる部分で通常は柔らかな弾力のタンパク質で満たされているのですが、外部からの刺激により空気を含んだ空洞が生じるようになると...

▲コンディショナーの役割と使い方 上へ戻る

コンディショナーの役割と使い方 page top