毛髪の内部構造についての情報ページ

毛髪の内部構造について

毛髪の内部構造について

毛髪は見た目にはあまり複雑な構造には見えないのですが、どのような構造になりどのような仕組みで生えているのでしょうか。

 

まず毛髪の内部構造についてですが、外側から毛小皮(キューティクル)、毛皮質(コルテックス)、毛髄質(メデュラ)の3層に分かれた仕組みになっています。

 

毛小皮はキューティクルの名前でよく知られたもので、髪の一番表面を覆う透明色の組織になります。

 

顕微鏡などで見ると魚のうろこのような形状をしていて主にたんぱく質により構成されており、内部の組織に比較すると硬さがあり保護膜としての働きがあります。

 

内部の組織は多くの水を含んでいるのですが毛小皮が外側を覆うことで水分の蒸発を防ぎ、加えて外部からの刺激を防護する役目もありますので、この毛皮質のコンディションを如何に整えるかが髪質を大きく左右します。

 

続いて毛皮質は髪の85%以上を占める部分で、内部を構成しているタンパク質は繊維状になり水分を多く含む組織になります。

 

この毛皮質は髪の柔らかさを左右する水分と共に、髪の色合いを決定するメラニン色素を多く含む部分でもあり、髪質や髪の色などが大きく影響する部位になります。

 

また外部環境など生活でもアルコールやタバコが抜け毛に関係あるように生える毛髪に対してメラニン色素などの付着として関係があるかもしれません。

抜け毛が多い時に使用する製品が頭皮に合わない場合もある@毛髪の内部構造についてについて

またシャンプーや育毛剤が肌にあわないというケースは、人それぞれで肌の感受性が異なりますので、敏感肌の場合は少量のアルコールなどの薬品や化学物...

≫≫ 抜け毛が多い時に使用する製品が頭皮に合わない場合もある | 毛髪の内部構造について

生え際をケアするために正しい方法で行おう@毛髪の内部構造についてについて

AGAだと判断される生え際の抜け毛を改善する場合は、普段の生活を見直すと共に正しいヘアケアの実践が必要になります。過剰に皮脂が分泌される大き...

≫≫ 生え際をケアするために正しい方法で行おう | 毛髪の内部構造について

そもそも髪の毛の太さはどのくらい?@毛髪の内部構造についてについて

近年では、髪の毛の細が細くなってしまうことで悩んでしまう人も多いようですね。髪の毛が仮に1割ほど細くなってしまっただけのことであったとしても...

≫≫ そもそも髪の毛の太さはどのくらい? | 毛髪の内部構造について

髪の毛を太くするノンシリコンシャンプー@毛髪の内部構造についてについて

頭皮の健康が損なわれてしまうと、髪の毛も細くなってしまいやすいので要注意です。しかし、反対のことを言えば、髪の毛が細くなってきたなと感じた時...

≫≫ 髪の毛を太くするノンシリコンシャンプー | 毛髪の内部構造について

頭皮を清潔に保つことで帽子が抜け毛につながるリスクを減らせる@毛髪の内部構造についてについて

もう1つの理由は、頭皮を清潔に保ちにくくなってしまうことがあります。季節によっては帽子の中が蒸れてしまい、雑菌の繁殖場所を作ってしまうのです...

≫≫ 頭皮を清潔に保つことで帽子が抜け毛につながるリスクを減らせる | 毛髪の内部構造について

コンディショナーで毛穴が詰まると抜け毛は増える?@毛髪の内部構造についてについて

毛穴が詰まることで、皮脂が頭皮に閉じ込められることになるので、頭皮に吹き出物などが出来る原因にもなるのです。またコンディショナーには、頭皮に...

≫≫ コンディショナーで毛穴が詰まると抜け毛は増える? | 毛髪の内部構造について

強いマッサージは皮脂を過剰分泌につながる?@毛髪の内部構造についてについて

皮脂を過剰に分泌させることで、頭皮に保護膜が形成し、頭皮を守ろうとするのですね。過剰に皮脂が分泌されると、毛穴がつまり、抜け毛につながってし...

≫≫ 強いマッサージは皮脂を過剰分泌につながる? | 毛髪の内部構造について

頭皮や毛髪に良い成分が含まれている事が大切@毛髪の内部構造についてについて

最近では頭皮や毛髪に良い成分が含まれている、育毛シャンプーと呼ばれるシャンプーが多く販売されています。男性向けのものあれば、女性向けのものも...

≫≫ 頭皮や毛髪に良い成分が含まれている事が大切 | 毛髪の内部構造について

▲毛髪の内部構造について 上へ戻る
毛髪の内部構造について page top