毛髪の内部構造についての情報ページ

毛髪の内部構造について

毛髪の内部構造について

毛髪は見た目にはあまり複雑な構造には見えないのですが、どのような構造になりどのような仕組みで生えているのでしょうか。

 

まず毛髪の内部構造についてですが、外側から毛小皮(キューティクル)、毛皮質(コルテックス)、毛髄質(メデュラ)の3層に分かれた仕組みになっています。

 

毛小皮はキューティクルの名前でよく知られたもので、髪の一番表面を覆う透明色の組織になります。

 

顕微鏡などで見ると魚のうろこのような形状をしていて主にたんぱく質により構成されており、内部の組織に比較すると硬さがあり保護膜としての働きがあります。

 

内部の組織は多くの水を含んでいるのですが毛小皮が外側を覆うことで水分の蒸発を防ぎ、加えて外部からの刺激を防護する役目もありますので、この毛皮質のコンディションを如何に整えるかが髪質を大きく左右します。

 

続いて毛皮質は髪の85%以上を占める部分で、内部を構成しているタンパク質は繊維状になり水分を多く含む組織になります。

 

この毛皮質は髪の柔らかさを左右する水分と共に、髪の色合いを決定するメラニン色素を多く含む部分でもあり、髪質や髪の色などが大きく影響する部位になります。

 

また外部環境など生活でもアルコールやタバコが抜け毛に関係あるように生える毛髪に対してメラニン色素などの付着として関係があるかもしれません。

飲む育毛剤は抜け毛が生じる原因を根本的に治療することが出来るため、治療効果が高く愛用されている方も多いのですが、医薬品である以上は少なからぬ...

毛髄質は髪の芯に当たる部分で通常は柔らかな弾力のタンパク質で満たされているのですが、外部からの刺激により空気を含んだ空洞が生じるようになると...

近年では、髪の毛の細が細くなってしまうことで悩んでしまう人も多いようですね。髪の毛が仮に1割ほど細くなってしまっただけのことであったとしても...

頭皮の健康が損なわれてしまうと、髪の毛も細くなってしまいやすいので要注意です。しかし、反対のことを言えば、髪の毛が細くなってきたなと感じた時...

▲毛髪の内部構造について 上へ戻る

毛髪の内部構造について page top