更年期は頭皮のバリア機能が低下しやすい

更年期は頭皮のバリア機能が低下しやすい

更年期は頭皮のバリア機能が低下しやすい

更年期に起こる体の変化は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少が原因となっています。

 

エストロゲンは排卵を促したり、乳腺や子宮を発達させて妊娠できる体作りをするだけではなく、自律神経のバランスを整えたり、他のホルモンの分泌を促進する働きを持っています。

 

そして、肌のバリア機能を活性化するという働きもあり、これが頭皮の乾燥に大きく関わっています。

 

肌のバリア機能というと顔の肌を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、これは体全体のお肌にあるもので、もちろん頭皮もバリア機能によって守られています。

 

肌のバリア機能は、紫外線や外気の刺激から肌を守ってダメージを与えないようにしたり、肌の内側の水分を保持してうるおいを保つという役割を持っています。

 

このバリア機能が正常に働くからこそ、頭皮はひどく乾燥することもなく、髪の毛の成長サイクルも乱れることがないのです。

▲更年期は頭皮のバリア機能が低下しやすい 上へ戻る
更年期は頭皮のバリア機能が低下しやすい page top