男性ホルモンが抜け毛につながるメカニズム

男性ホルモンが抜け毛につながるメカニズム

男性ホルモンが抜け毛につながるメカニズム

普通の男性ホルモンであれば、抵抗力のある強い毛を作り出してくれるのですが、ジヒドロテストステロンは皮脂を過剰に分泌させたり、髪の毛の元となるタンパク質の合成を阻害してしまいます。

 

また、もっとも抜け毛に影響を与えるのが、ジヒドロテストステロンが持つ発毛抑制作用です。

 

これは読んで字のごとく、発毛を抑制してしまう作用ですから、これから成長しようとしている髪の毛を抜け毛に変えてしまうのです。

 

そんなジヒドロテストステロンを作り出すのが、男性ホルモンと5αリダクターゼです。もちろん単に男性ホルモンが増えても5αリダクターゼと結合しなければ、抜け毛が増えるということはありません。

 

ですが、男性ホルモンが増えれば増えた分だけ5αリダクターゼと結びついて、ジヒドロテストステロンがたくさん出来てしまうということになります。

 

そうなれば当然抜け毛が増えてしまうのですから、間接的ではありますが、男性ホルモンが増えると抜け毛が増えると言えるのですね。

男性ホルモンが抜け毛につながるメカニズム記事一覧

▲男性ホルモンが抜け毛につながるメカニズム 上へ戻る
男性ホルモンが抜け毛につながるメカニズム page top