ホルモンがビックリ増える日記

男性と女性ホルモンの髪の作用の違いは?

男性と女性ホルモンの髪の作用の違いは?

抜け毛を引き起こす一番の要因として知られているのが男性ホルモンです。男性ホルモンにはあらゆる作用がありますが、特に深い関わりを持っているのが髪の毛や体毛です。

 

ホルモンは、身体が環境や体調の変化に適宜対応できるように作用する、という働きを持っています。例えば、女性ホルモンであれば、妊娠をしやすいように子宮を整えたり、脂肪をつけて女性らしい体のラインを作るという作用があります。

 

男性ホルモンは、筋肉がたくさんつくように作用して、強くて男性らしい体を作り上げたり、性欲を高めるという作用を持っています。

どちらのホルモンも毛に対する作用を持っています

どちらのホルモンも毛に対する作用を持っています

どちらのホルモンも毛に対する作用を持っていますが、女性ホルモンは髪の毛を艶やかに美しく保つ働きをしてくれます。一方、男性ホルモンの場合だと、毛母細胞の分裂をサポートして濃く太い毛を作り出す、つまり強い毛にするという働きを持っています。

 

ただし、このホルモンが還元酵素である5αリダクターゼと結びついて、ジヒドロテストステロンに変換されてしまうと、まったく違う働きを持つようになるのです。

 

ホルモンの変化による抜け毛なので、やはり人気の育毛剤を使用しても体内で変化されるホルモンに対しては有効とならない場合も多いので、頭皮のケアをしっかり行う目的で使用していくとよいでしょう。

▲ホルモンがビックリ増える日記 上へ戻る
ホルモンがビックリ増える日記 page top